自己流【癌闘病記】ーその5

【寒中見舞】…此の冬の寒さは格別だ。各地で大雪の被害が発生、人々の
生活が脅かされている。特に、豪雪地や高齢者層の被害が顕著である。
心から、寒中降雪被害のお見舞い申し上げます。

1か月余の自宅休養で頭髪が蘇生し始めたが、最終治療後には脱毛が
始まる…、ならばと、退院直前に坊主となった。寒さ一入である。

1/4~24 R-CHOP最終治療に6度目の入院、酷寒の期間を空調万全の病院で
過ごした。寒さ知らずの3週間であった。1/24 に退院した。自宅では、立春前の
大寒の厳しい寒さが身に凍みる。

       雪隠の 骨身に凍みる 寒気かな       Senior-6

最終治療を終え、自宅で寒波に震えています。
     
                    
画像


【治療終了】…R-CHOP化学療法が無事終了した(1/23)。昨年5月中旬に
「悪性リンパ腫瘍、ステージⅡ」と診断され即入院, 1/24 に退院した。
CT検査では「異常なし」、悪性腫瘍の兆候皆無だが、更に確度の高い診断を求
めてて2/7 PET-CT 検査を行う。 2/15 主治医から結果報告の予定だ。
最終診断結果に一抹の不安を抱きながら自宅待機、落ち着かない日々が続く。

【PET-CT】…医者からの受け売り失礼だが…、
「陽電子断層撮影法(Positron Emission Tomography)」とは、癌の形態を診断
する従来の検査法と異なり、癌細胞の代謝・機能を調べる事で、早期に癌の発
見が出来る。癌細胞が正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を摂取する特徴を利用し
ブドウ糖に良く似た薬剤(FDG)を体内に注射し、FDGが癌病巣に多く集積する
事により癌細胞が画像に現れる。CTによる病態画像とを重ね合わせた鮮明な
画像を一度に撮影する装置を用いる事で、より精度の高い病巣の位置、良性・
悪性の正確な診断を可能にする(「PET-CT」のQ&Aより抜粋)。

【経費概算】…合計(仮〆)       1,830,000円 構成比
   内訳 1.医療費            330,000   (18%)
       2.固室料          1,117,200   (61%)
       3.持込み(食品、水他)    100、800   (6%)
       4.雑費              282,000  (15%)

   備考 1.退院日も室料が必要 8400/日 (133日)
       2.医療費負担は原則10%(保険)
       3.病院食の補充
       4.世話人経費など       ※個室は患者の希望

【医療制度】…今回は、現行医療制度にR-CHOP 療法が適用され、老齢者
医療(10%)が適用される制度に助けられた。

税収大幅減により社会保証制度全体が大きく揺らいできた。医療分野も例外
でない。これと同時並行して、医療 know-how の著しい進歩、新薬開発等に伴
い医療コストの高騰が著しい。癌治療も新薬治療では千万円単位の費用が
話題となっている。勿論、保険適用外の話題である。
私如き庶民には縁のない話だが…。

【退院後】…指導医との雑談…
指導医  1)健康状況変化対応は、医大の管理下で外来診療を行う(2~3年間)
      2)再発時は、都度対応、再入院治療。

私見   1)単純明快だ、現在の平均寿命80歳までを元気で楽しく暮らす事。
        それ以上何も望まない。
      2)5年後(80歳)再発の場合は、入院特別治療は辞退する。特別延命
        治療も行わない。私の人生観である。

自分の死についてこれまで、真剣に考える事は皆無だった。2ッの理由により、
やがて来る死を見つめ始めた。
理由 1)癌は不治=死の病との認識。 2)自宅と北隣2軒で3軒の主人が前後
      して癌を患い3人が同じ病院で治療を受けていた。夫々の年齢は、
      隣が62歳、次隣りが72歳、私が75歳である。
    3)1/20、隣の主人が身罷った…合掌。死に老若の順番は無い、明日は我が
      身かも…、神のみぞ知るである。

抹香臭い話となった、話題を変えます。

【素人俳句】…お付き合いください。

      1)菊の香に 思い託して 入院す  (11/9)第5回
 
      2)病室に 独り箸取る 秋の暮    (11/13)

      3)三秋を 病みて親しむ へぼ俳句  (11/14)

      4)口遊む 亥の子唄おば 懐かしむ  (11/16)

      5)山里の どの灯に宿る お月さん   (11/18)

      6)冬故に 夕暮れ侘びし 夜更けより  (11/20)

      6)中庭に 月の照りけり 白さ哉     (11/21)

      7)山眠る 臥して口吟の 一句かな   (1122)

      8)秋鯖や 美味し旨しや 夢うつつ    

      9)永き夜は 空き腹なだめる 読書哉  (11/23)

      10)白衣脱ぐ 女医先生も 秋祭り    (11/25)

      11)あす退院 冴えて昂ぶる 夜は長し  (11/27)

      12)やれ退院 初冬の日差し 有難し   (11/28)

      13)冬ざれや 猪鹿あさる 里の糧     

      14)妻と食む 亡母偲びて 晦日蕎麦    (12/31)

      15)師走とて自宅蟄居よッ 口惜しや

無用の饒舌が過ぎました、不悪。次回は、闘病の総括を予定しています。

1)自宅休養時後の頭髪

                     
画像


2)最終治療後の坊主頭が寒い

                      
画像


《冬来たりなば、春遠からじ》(パッシー・ビッシュ・シェリー)。

風邪大流行、ご注意、ご注意。                いずれ、又。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年01月30日 21:42
今日高尾山に行って来ました。節分までは寺も華やいでいます。
今年は、2月3日が節分で、旧暦のお正月です。
  退院し旧暦で祝ふお正月 持名
4日は立春。春遠からじ、まずはご自愛下さい。
孫3
2011年02月06日 18:30
コッチの生活 だいぶ慣れたし 
毎日enjoyしてるでぇっ
また会った時は 例のハンバーグ屋 行こなっ
2011年02月07日 11:34
お元気ですか?
暦の上では春になりました。だんだん暖かくなるかな。いろいろなところへ出かけた写真のアップ楽しみにしてますね~

この記事へのトラックバック